キャットフードの購入について

キャットフードを購入する時には市販かネットショップかの二択になりますが、その中でもネットショップで購入をする方が多いのではないでしょうか。ネットショップで購入する人はいくつかチェックポイントがあり、その中でも選び方が重要です。それぞれのショップに応じてサービス内容が変わることもあるので、悩んでいる方は事前に選び方について確認をしておきましょう。

まず、選ぶときには比較サイトなどを利用すると便利です。近年ではインターネットで色々なことを調べることができますが、猫にとってどんな食事が合っているのかなど評価の高いキャットフードを紹介しているところもあります。比較しながら選ぶことができれば愛猫に合うキャットフードを見つけられる可能性も高くなります。特にキャットフードに対して知識があまりない方は事前に比較サイトを活用して選ぶといいでしょう。

また、口コミなども利用するといいでしょう。口コミでは実際に購入したことがある人が書き込みをします。メリットやデメリットなども聞けるので安心感がります。

このように、キャットフードは色々な種類があるので、愛猫が健康的にするためにもこだわって選ぶようにするといいでしょう。

カロリーについても考えよう

人間にとっては肥満の原因になるカロリーですが、猫も人間と同じように考えてしまうと健康的な生活を送ることができません。特に若くて健康的な場合は低カロリーの食べ物は避け、しっかりとカロリーを摂取させることが大切です。特に飼い主は人間と同じように考える人も多く、肥満予防のために低カロリーの食事をさせる人もいます。例えば愛猫が全然キャットフードを食べなくなったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。こういった場合の原因としては低カロリー過ぎて美味しいと思っていくれないことが理由の一つに上げられます。特に子猫の場合は急成長をするので高たんぱく、高カロリーが一般的です。

実際にキャットフードには低カロリーのものも存在していますが、これを選ぶ場合は肥満や療養中、年をとって代謝の落ちている猫のみが選択をします。特に年を老いた猫は内臓機能が衰えてくるので、消化吸収の高い高たんぱく、低カロリーのキャットフードを摂取するのが基本です。それ以外は高たんぱくで高カロリーのキャットフードを選ぶといいでしょう。

人間にとっては気になるカロリーやたんぱくでも猫にとってはそれが健康的な食生活になるので、知識を知らない方は事前に調べておくといいでしょう。

キャットフードは成長ステージで選ぼう

年齢や運動量、体調などによってもキャットフードの選び方は変わると言われています。それぞれ猫によって体調や体質などは変わるので愛猫の状態を見ながら選ぶことが重要です。目安としては成長ステージで選ぶ方法があるので、今回は具体的に説明します。

まず、初めに成長期と呼ばれるステージですが、これは生まれてから1歳までの猫のことを言います。成長期ではたんぱく質や脂肪、ミネラルが必要です。その為、栄養が豊富な高たんぱくのキャットフードを選択するといいでしょう。しかし、子猫の場合は消化吸収力が弱い為、消化しやすい肉や魚などを選ぶことが大切です。

☆TOPIC☆THE JAGUAR~プレミアムキャットフード~
チキンと鴨の生肉をブレンドしたプレミアムキャットフード“THE JAGUAR”の通販サイトです。

続いてい維持期と呼ばれるステージですが、これは成猫とも呼ばれており1歳から7歳までのことを言います。成猫でも子猫のようにたんぱく質や脂肪、ミネラルが必要です。また、成猫の場合は子猫とは違い肥満や尿の病気にもなりやすいので、対策フードなども体調に合わせて選ぶといいでしょう。

最後に高齢期と呼ばれる猫ですが、運動量は減りますが食欲は衰えることがないので成猫用のフードを与え続けると肥満になる恐れもあります。その為、出来る限り食物繊維が豊富に含まれているキャットフードを選ぶといいでしょう。

高たんぱくのキャットフードを摂取するメリット

世の中には色々な種類のキャットフードが販売されていますが、その中の一つに高たんぱくなものが存在しています。高たんぱくと人間が聞くと、健康的にあまりよくないのではと思う人もいるでしょう。しかし、猫が健康的に生きていくためには高たんぱくの食事が必要だと言われています。では、高たんぱくにはどんなメリットがあるのでしょうか。

メリットは少ない量でも栄養が摂れることです。猫は例えば成長期の場合は一日に400キロカロリーほど摂取する必要があると言われています。しかし、成長しても食が細い猫もおり、こういった場合には400キロカロリーを摂取するのは難しいと言われています。しかし、食事を摂らないと健康的にもあまりよくないため、何とかしてでも食べさせないといけません。食べさせると言ってもたくさんの量は難しいですが、高たんぱくのタイプなら少ない量でも多くのカロリーを摂取することができます。少なくても栄養がしっかり摂れるので、特に食が細い猫には魅力的です。

また、猫本来の食事に合う原料というのも魅力的な部分です。キャットフードには穀物が使用されているものも多いですが、本来猫は肉食系なので高たんぱくの食事が基本です。その為、逆に穀物系はよさそうに見えて猫にとってはあまりよくない食事となります。高たんぱくなら本来の猫に合う食事ができるので魅力的です。

このようなことから近年では高たんぱくのキャットフードが増えています。ここではさらに詳しく知りたいという方のためにも高たんぱくのキャットフードについて説明します。