カロリーについても考えよう

人間にとっては肥満の原因になるカロリーですが、猫も人間と同じように考えてしまうと健康的な生活を送ることができません。特に若くて健康的な場合は低カロリーの食べ物は避け、しっかりとカロリーを摂取させることが大切です。特に飼い主は人間と同じように考える人も多く、肥満予防のために低カロリーの食事をさせる人もいます。例えば愛猫が全然キャットフードを食べなくなったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。こういった場合の原因としては低カロリー過ぎて美味しいと思っていくれないことが理由の一つに上げられます。特に子猫の場合は急成長をするので高たんぱく、高カロリーが一般的です。

実際にキャットフードには低カロリーのものも存在していますが、これを選ぶ場合は肥満や療養中、年をとって代謝の落ちている猫のみが選択をします。特に年を老いた猫は内臓機能が衰えてくるので、消化吸収の高い高たんぱく、低カロリーのキャットフードを摂取するのが基本です。それ以外は高たんぱくで高カロリーのキャットフードを選ぶといいでしょう。

人間にとっては気になるカロリーやたんぱくでも猫にとってはそれが健康的な食生活になるので、知識を知らない方は事前に調べておくといいでしょう。